大宝工業株式会社
プラスチック製品および金型の製造販売/プラスチック射出成形/パルプ射出成形
Globalサイトへ
Topページへ戻る
お問合せ
サイトマップ
会社情報 事業紹介 採用情報 環境への取組み
TOP > 会社情報TOP > 沿 革
沿革
 1937年 3月  大宝商会を創立し、電気絶縁材料の販売開始
 1940年 8月  大宝樹脂工業有限会社を別に設立し、合成樹脂成形品の製造を開始
 1944年 2月  大宝工業株式会社に組織変更し同時に川崎航空機株式会社、
 川崎重工株式会社の協力工場となる
 1947年 1月  (株)大宝商会を設立
 1949年 2月  大宝商会を合併
 1951年 5月  射出成形部門開始
 1960年 3月  成形部門第4次計画により大型成形機を増設し、守口市に淀川工場を建設
 1967年 5月  山陰に鳥取大宝工業(株)を設立、鳥取県に同鳥取工場を建設
 1967年10月  大津市に滋賀工場を建設
 1969年 4月  福岡県に福岡工場を建設
 1978年11月  シンガポールにTYLON(S)PTE.LTD.を設立
  同シンガポール工場を操業開始
 1986年 2月  押出専門工場として枚方工場操業開始
 1988年 5月  大牟田大宝工業(株)を設立
 1988年 6月  四山工場操業開始。株式会社大日金型製作所と資本提携
 1989年 4月  TYLON(S)PTE.LTD.をDAIHO INDUSTRIAL(S)PTE.LTD.に社名変更
 1989年 6月  栃木県に栃木大田原工場を建設
 1989年 7月  TYLON(MALAYSIA)SDN.BHD.を設立。クアラルンプール工場が操業開始
 1993年 2月  TYLON(M)SDN.BHD.ジョホールバル工場が操業開始
 1994年 4月  兵庫県に姫路大宝工業を建設
 1995年10月  DAIHO INDUSTRIAL(S)PTE.LTD.新工場へ移転
 1996年 2月  DAINICH MOLD(MALAYSIA)工場を開始
 1997年 4月  関東本部を分社し大宝関東株式会社を設立
 1998年 4月  関西事業を分社し大宝関西株式会社を設立
 九州事業を分社し大宝九州株式会社を設立
 押出事業部を分社しタイロン株式会社に移管
 1998年11月  フィリピンにDAIHO(PHILIS.),INCを設立、ラグナ工場を操業開始
 2000年 4月  大宝関東(株)栃木事業部を分社し大宝栃木(株)を設立
 2001年 2月  DAIHO(PHILIS.),INC リマ工場を操業開始
 2001年 6月  大宝チェコ有限会社が操業開始
 2001年 7月  PT.DAIHO(BATAMが操業開始
 2003年 4月  大宝関東(株)足利工場が操業開始
 2003年 8月  大宝関西(株)河野工場が操業開始
 2004年 1月  モールドカンパニー(仙台工場・鳥取工場)が操業開始
 2005年 3月  タイロン株式会社枚方工場が操業開始
 2005年 9月  大宝タイ株式会社を設立
 2006年 3月  大宝関西株式会社湖南工場が量産開始
 2006年 3月  大宝工業株式会社東京事務所を開設
 2006年 5月  タイ工場 量産開始
 2007年 3月  創業70周年記念式典を挙行
 2009年 7月  大宝関西株式会社上海駐在事務所開設
 2012年 6月  PT.DAIHO INDONESIA(JAKARTA)が操業開始
 2013年 9月  マガタ富士化成(株)と資本提携
 2014年 10月  大宝シェンク有限会社が操業開始
Copyright (C) 2011 DAIHO INDUSTRIAL CO.,LTD. All Rights Reserved.